連帯保証人がいなかったら|ランドネットの評判をチェックすれば人気の意味が分かる

ランドネットの評判をチェックすれば人気の意味が分かる

レディ

連帯保証人がいなかったら

ウーマン

賃貸入居を諦める前に

一般的に賃貸住宅に入居契約する際には、賃貸借契約において家賃債務を保証するため、連帯保証人を立てて契約します。親や親族を連帯保証人にするのが一般的ではありますが、高齢化で連帯保証人になってくれる人がいなかったり、若い世代にも親や親族との複雑な関係のために連絡保証人の依頼を頼める人がいない場合があります。連帯保証人が立てられないと賃貸住宅の入居契約は困難でしたが、そういった事情を抱える方にも賃貸契約ができるよう家賃債務保証を行う企業や団体があります。賃貸住宅入居契約において、家賃債務保証を受けることで賃貸貸主の方は家賃不払いによるリスクを減らすことができます。また、借主においては不可能だった契約ができ、住宅の確保が可能となります。

保証料は異なります

家賃債務保証は保証料を保証会社・保証団体に支払ってその契約が成立しますが、家賃債務保証にかかる保証料は保証会社・団体によって異なります。保証料は一か月の家賃の30%〜70%で定められているところが多いようですが、月に1万円など比較的安価な固定額を徴収する保証会社・団体もあるようです。借主が60歳以上の高齢者、障がい者、扶養してる子が同居の場合、日本国籍を有さないいわゆる外国人を対象など条件によって保証料が優遇された会社・団体の家賃債務保証を利用できることもありますので、事前に調べておくと良いでしょう。家賃債務保証を利用する場合には、賃貸契約の前に家賃債務保証の審査があります。提出を求められる書類も審査基準も団体によって異なりますので、複数の保証会社・団体に問い合わせしてみると良いでしょう。この審査をクリアしてから賃貸契約となります。